薄毛・若ハゲ予防と対策のためにtop
ホーム 人気のある育毛剤 人気の育毛クリニック 売れ続けている育毛アイテム 当サイトについて
トップページ > 髪の毛を染めるとはげる?

髪の毛を染めるとはげる?

髪を染めたり髪を脱色したりしすぎると薄毛の原因になります。髪を染めたり髪を脱色することで頭皮の健康を損ない将来薄毛になる可能性があるとしたらどうしますか?

髪を脱色しておしゃれするのも実は危険な行為?

髪の毛をおしゃれの一部として捉えれば髪型や髪の長さ、 髪の毛の色までこだわってしまいがちです。 10代の頃なら少々ハードなブリーチなどで脱色しても数ヶ月もすれば正常な頭皮や髪の毛に戻ることが多いようですが、 20代・30代で同じ事をしていては危険です。

優しく染めるのは髪にどう?

基本的に髪の毛を染めることは髪の毛や頭皮によくありません。 もちろん、ホームセンターやドラッグストアで手軽に手に入るブリーチなどで脱色することは論外です。 ハイブリーチを使い短期間で二回連続で脱色してみると(これは実際試した人がいます) 髪の毛は途中からポロポロと折れて切れてしまいます。

髪の毛を染めるにしても脱色するにしても、 化学物質のキツイ臭いがする液体が身体にいいはずはありません。 どうしても髪のおしゃれを楽しみたいのならば、 一般的には美容院などの専門的な所へ行くことがベストです。

髪の毛は夏の強い紫外線を長時間浴びるだけで相当のダメージを受けるほど繊細なのです。

薄毛になってまでおしゃれしますか

最近ではあまり話題になりませんが、 大気中の汚染物質が雨に混じる「酸性雨」なども厳密に言えば髪の毛にダメージを与えるのです。

外見を気にする事は年頃では普通のことです。 しかし、その根本の髪の毛がなくなってしまってはおしゃれも何も言ってられないのです。 生活習慣や遺伝の要素を抜きにして話をすると、 髪を染めたりパーマをあてたりしすぎると20代後半から一気に薄毛になる事もあるのです。

もちろん、いくら髪を染めても脱色してもパーマをあててもなんともないレベルの人もいます。 もし、あなたが少しでもこういったことで不安に感じる要素があるのならば、 なるべく早めに対処することが後々のことを考えるといいと思います。

ストレス社会と若ハゲ

若い内は髪を染めたり自分の好きな格好をしていても問題ありません。 しかし、ひとたび社会に出れば様々な制約やストレスが存在します。

ストレス社会とホルモンのバランスには密接な関係

ホルモンのバランスが崩れると身体の色々なところに弊害が現れます。 ストレス社会と呼ばれる現在では男性、 女性に関わらずストレスによる弊害にさらされています。 そのひとつが男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛なのです。

外見で切実なのがストレスによる抜け毛です。 これはホルモンのバランスが崩れることによって発生する弊害なのです。 男性ホルモンは生まれつきの分泌量の差があります。 もともと男性ホルモンの分泌量が少ない人でも強いストレスが原因でホルモンのバランスが崩れ、 抜け毛の要因になることもあるのです。

10代ではそれほど気にはなりませんが、 20代、30代になってくると薄毛の症状が一気に進行することもあるのです。 一般的に、男性ホルモンの過剰分泌で起こる弊害では以下のようなものがあります。

男性ホルモンの過剰分泌で起こる弊害 皮脂の過剰な分泌によるニキビの発生
分泌元である前立腺の疾患
薄毛・抜け毛など首から上の毛の発育に異常が発生
特に、女性の場合は、月経異常や生理不順など

頭皮に気を使っている若い人でも髪の毛を染めることや脱色することには抵抗が少ない人も多いようです。 しかし、本当に髪の毛を心配するならばあまり髪の毛を染めたり脱色することはオススメできません。

無理なダイエットは抜け毛の要因

女性の場合の髪の毛の抜け毛を増やす原因は無理なダイエットやストレスが圧倒的に多いとされています。 そもそも女性はホルモンのバランスで男性のようにはげることはほとんどありません。

女性の場合、仕事で身体を動かす業種に就いている人は非常に少ないと思います。 ほとんどの場合、電話処理や、経理処理、営業事務などの非肉体労働の場合が多い現状です。

髪の毛を染めることが直接的な薄毛の原因ではなく、ストレスや過食、 拒食などのダイエットがらみの原因と複雑にからんで薄毛になる場合が多いといわれています。

スポンサードリンク

このページのトップへ

Copyright(C) Since 2010 薄毛・若ハゲ予防と対策のために.com All rights reserved.
掲載記事、写真、イラストを含む、全てのコンテンツの複写、転載、公衆送信などを禁じます。