薄毛・若ハゲ予防と対策のためにtop
ホーム
人気のある育毛剤 人気の育毛クリニック 売れ続けている育毛アイテム 当サイトについて
トップページ

薄毛・若ハゲ予防と対策のために

抜け毛や薄毛などの髪の毛の悩みを解消するするヒントを提供しているサイトです。抜け毛や髪の毛の悩みを解消する為には正しい知識と行動が必要です。

はげは遺伝とあきらめない

両親のどちらかが、 あるいは両方ともハゲの要素がある場合は若ハゲの危険度は高いことも事実です。 しかし、 一昔前よりも確実に、10代や20代の若い世代にも髪の毛の不安要素は増えてきているのです。

生活習慣や食生活の変化など現代の若者や女性の取り巻く環境にも目を向ける必要があるのです。 「若いうちは髪の毛が抜けない。」 「自分は20代だから大丈夫。」 では手遅れになることもあります。 近頃ではストレスや生活習慣、 特に食生活などでも抜け毛や薄毛が気になる若い世代が増加しているのです。

髪も身体の一部です。
若ハゲの根本の原因を知ることは正しい対処の第一歩です。 そのためにはきちんとした「髪の知識」が必要なのです。

まずは髪の毛について勉強しましょう

不安に任せて適当に育毛剤を使っても意味がありません。 育毛、増毛に関して正しい行動は髪の毛についてもっとよく知ってからでも遅くはないのです。 サ●セス、リ●ップなど育毛に関して色々ありますがまずはじっくり下調べをしてからです。

髪の毛の構造について

薄毛・若ハゲ予防と対策のためにtop 髪の主な成分はアミノ酸(タンパク質)です。 そのアミノ酸(タンパク質)の種類もたくさんあり、 それらをを材料として髪の毛が形成されています。

それぞれ見ていきますと、一番外側がキューティクルと呼ばれる部分です。

キューティクルはシャンプーやリンスなど、最近ではコマーシャルなどで頻繁に使われるように なったので聞いた事がある人がほとんどだと思います。

そのキューティクルの内側にコルテックスとよばれるものがあります。 そのさらに内側に、髪の毛の芯の部分がありこれはメデュラと呼ばれています。

このページのトップへ

若い人で抜け毛や若ハゲの心配がある人

10代や20代の若い世代でも髪の毛の悩みを持つ人が増えてきているといわれています。 さらに、女性の人でも密かに悩んでいる人もあなたが思う以上に多いのです。

薄毛などはストレスや生活習慣などの影響が関係してきます。 これにはいくつか理由がありますが、 下の項目でいくつかあてはまることがあれば要注意です。

生活環境の面 最近、急激なダイエットを始めた。
生活環境が変わったり、一人暮らしなどを始めた。
転職や部署移動など仕事の面でなれないことが多い。
睡眠不足な状態が続いている。
食生活の面 食事が不規則である。
コンビに弁当やインスタント食品が多い。
精神的な面 ストレスを常に感じている。
責任の大きい仕事を任されている。
頭皮の環境 髪の毛を染めたりブリーチで脱色をした。
ムースやヘアワックス、ミストなどの整髪料を多用している。
きちんとお風呂に入らないことが多い。

他にもたくさんありますが、 特に若い人で抜け毛や若ハゲの心配がある人は髪を染めたり、 整髪料の多用が原因の場合が考えられます。この他に、タバコのすい過ぎやお酒の飲みすぎなど、 暴飲暴食も頭皮の健康を損なう原因です。

育毛、薄毛対策の第一歩

高価な育毛剤や育毛サロンに投資する前に身近に出来る育毛対策を実施しましょう。 まずは身近なシャンプーから頭皮の健康を考えて選ぶ事は手軽に出来る育毛対策の一つです。

売れ筋の育毛シャンプーを見てみる
多くの人に支持されている育毛シャンプーを見てみましょう。 人気がある背景とその理由とは?

やっぱり定番 石鹸シャンプー
頭皮ケアと育毛を語るうえで石鹸シャンプーは外せません。 利点と難点について解説させて頂いております。


髪によくない環境に注意

髪の毛自体は生きた細胞でありません。 髪の毛は一度ダメージをうけると簡単に修復することはできません。 一般的に、若ハゲの心配をしている人は人一倍抜け毛には敏感である場合が多いようです。

若い人には少ないかも知れませんが 抜け毛やはげる兆候のもっとも一般的な症状は頭皮のフケ、かゆみなのです。 頭皮の皮脂の分泌量が多くなると、皮脂に含まれる過酸化脂質が増加します。 そういった分泌物が頭皮を刺激し、フケ、かゆみを引き起こします。

髪の毛に不安を感じている人は最低限、頭皮を清潔にしている人が 多いのでこの兆候はあまりないかもしれませんね。

しかし、頭皮に気を使っている若い人でも髪の毛を染めることや脱色することには 抵抗が少ない人も多いようですが、本当に髪の毛を心配するならばあまり髪の毛を染めたり 脱色することはオススメできません。

生活環境と髪の毛の状態

髪の毛も体の一部です。 頭皮の血行が悪くなったりすると髪が正常に生えなくなり抜け毛の原因になります。 普段の洗髪や、ブラッシングでも自然に毛髪は抜けますが、 1日に100本以内であれば特に問題はありません。

若者や女性の抜け毛のトラブルには

一人暮らしをしている人でバランスのよい食事をしていない人や いつも夜遅くまでテレビを見たりゲームをしたりしている人は改善する方が好ましいのです。 就職をして初めて一人暮らし始めた若い人が生活環境の乱れから、抜け毛や若ハゲの スパイラルに陥ることが考えられます。

親がはげている、身内にハゲの人が多いから心配だ。 という若者が多いといわれていますが抜け毛や若ハゲは遺伝だけで決まるものではありません。 確かに若くしてはげることは遺伝の要素が強いことも否定できません。

出来る限り自分の描いた理想のイメージに戻る為に、 基本的で正しい知識と適切なヘアケアを実践できるように当サイトの情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

このページのトップへ

Copyright(C) Since 2010 薄毛・若ハゲ予防と対策のために.com All rights reserved.
掲載記事、写真、イラストを含む、全てのコンテンツの複写、転載、公衆送信などを禁じます。