薄毛・若ハゲ予防と対策のためにtop
ホーム 人気のある育毛剤 人気の育毛クリニック 売れ続けている育毛アイテム 当サイトについて
トップページ > シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーと抜け毛の関係

シャンプーの回数と薄毛や若ハゲの関係に関して考えて見ます。実際の所、シャンプーの回数が関係して薄毛や若ハゲの原因になっていたとしたらどうしますか?

一番最初に見直すべきヘアケアアイテム・それがシャンプー

髪の毛には気を使っていて常に鏡でチェックしているが、 なんとなく鏡の前で髪の毛をみて『 気のせいかわからないが薄くなったかも 』と思うことはありませんか?

実は髪にいいと思って使っているシャンプーで逆に髪の毛にダメージを与えている事があるとしたら・・・。 恐ろしい話ですが実際にありえる話です。少し見ていきましょう。

シャンプーの回数と抜け毛の関係

生活習慣や食生活の変化など現代の若者や女性の取り巻く環境にも目を向ける必要があるのです。 シャンプーしすぎるとはげるというのは色々意見はありますが、 正確には「 髪によくないシャンプーで洗いすぎると頭皮によくない 」というのが正しい認識です。

まず、急激に髪の毛が抜けて頭皮が見えるくらいの状態になるのは何らかの病気か、 身体的なな原因がある確立が高いです。 多くの人が、ゆっくりと、それこそ本人もなんとなく鏡の前で髪の毛をみて 「気のせいかわからない程度」の抜け毛や頭皮の状態が多いのです。

髪のトラブルや頭皮を守るためのシャンプー選び

人の身体は皮脂という脂分が必要です。 しかし、顔や鼻のテカリや頭皮の汚れを取り去るためにきれいに洗浄する成分も必要なのです。 その反面、健康には適度な脂分のある状態を維持しなければなりません。

どんなシャンプーが人気があるかという問題以前に、 そもそも界面活性剤の入った合成シャンプーはなるべくさけたいものです。 合成シャンプーの利点は、洗浄力も強く、泡立ちもいい事です。 しかし、洗浄力が強すぎるということは根こそぎ身体に必要な皮脂という脂分も取り去ってしまう事があるのです。

シャンプーの洗浄力と頭皮へのダメージ

人の身体は単純ではありません。 取り過ぎた脂分を補おうと余計に脂分を出すようになったりしてしまう事も十分ありえるのです。 さらには、毎日強力な洗浄力で洗髪し続けると、 下手をすると抜け毛や薄毛の原因を自ら作っている可能性すらあるのです。

まずは、髪に関する正確な知識頭皮に優しいことを 優先して若ハゲ、抜け毛防止に取り組むことが重要です。 特に10代後半の人や20代前半の人は多少の無茶は効きます。 しかし、薄毛や抜け毛は20代後半から一気に症状が進行することも多いので要注意です。

身近なものから髪のために

髪の毛のトラブルのは、育毛、増毛、かつらなどと色々選択肢はあります。 もちろん人それぞれで様々な事情もあると思います。 髪はおしゃれの一部です。 毎朝、整髪料を大量に使って髪型のセットを欠かさない人も多いのが現状です。

ブリーチしたりヘアマニキュアなどで染めたりして、 カラフルな色の髪にしている人も多いようです。 これは日本人特有のきれいな黒髪では、 他の人と一緒ということで、他の色を求める気持ちからくるものでしょう。

しかし、 大切な髪が薄くなったり大量に抜けてしまったりしたらそんな悠長なことを言ってられません。 なにしろ、はげてしまったら髪型がどうの、髪の色がどうのと言ってられないのです。

髪の毛が抜けてしまってから慌てるのではなく、 日頃からきちんとした髪の毛に関する正しい知識を持ちケアすることはもちろんのこと、 頭皮に関する正しい知識で、髪を守る必要があるのです。 その中で日常的に使用するシャンプーの安全から真剣に考えてみる機会も必要であるのです。

髪にいいシャンプーとは高価なシャンプー?

シャンプーは薬事法によって「化粧品全成分表示」が義務付けられています。 そのため配合割合の順に成分が表示されているのです。 シャンプーはきれいに泡だって、 気持ちのいい香りがすればすっきり快適なバスタイムに一役かってくれそうなイメージがあります。

確かにバスタイムは個人の落ち着ける空間のひつとです。 仕事の疲れや、考え事や、 その日の反省など色々な気分転換に重要な時間として位置づけている人も多いのではないでしょうか?

その重要な要素としてシャンプーは大きな役割をになっているとも言われています。 しかし、シャンプーの成分の中でも特に注意して見てもらいたい成分が幾つかあります。 その一つが、ラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate)です。

ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)とは

ラウリル硫酸ナトリウムは肌荒れ・乾燥、白内障、フケ、脱毛、アレルギー、 ガンを引き起こす可能性がある物質です。

あくまでこれは、研究結果内の話で大量投与あるいは高濃度での使用、 もしくは長期間の連続使用などでの結果です。 しかし、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)は確実に毒性があり、 それらの毒性が健康な頭皮や髪の毛に及ぼす影響は考えなければならない問題です。

安価で少量の使用で泡立ちが良くなるラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate)

先ほど述べたラウリル硫酸ナトリウムは、少量でよく泡が立つうえ、 値段も安いことからシャンプーを利用する側ではなくシャンプーを販売する側から 重宝がられてきました。

どの業界も同じですが、 商品の原価を下げることは企業の利益をアップさせる方法の一つです。 そのために、シャンプーの商品原価を下げる為に多くのメーカーが ラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate) を原料として使用していました。

もちろん今でも使用しているメーカーもありますので注意が必要です。 シャンプーのボトルの裏の成分ラベルに ラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate) または単純にSLSが載っている商品は髪や頭皮の健康を考えるならば使わないほうが賢明なのです。

スポンサードリンク

このページのトップへ

Copyright(C) Since 2010 薄毛・若ハゲ予防と対策のために.com All rights reserved.
掲載記事、写真、イラストを含む、全てのコンテンツの複写、転載、公衆送信などを禁じます。