薄毛・若ハゲ予防と対策のためにtop
ホーム 人気のある育毛剤 人気の育毛クリニック 売れ続けている育毛アイテム 当サイトについて
トップページ > 抜け毛、薄毛とタバコの関係

抜け毛、薄毛とタバコの関係

若ハゲの要因のひとつがタバコ?ヘビースモーカーの人ほど気になります。若ハゲが気になりだしたらタバコを減らしヘビースモーカー脱却を目指してみてください。

ヘビースモーカーの人で抜け毛や気になりだしたら

ヘビースモーカーの人と非喫煙者の健康の差は、 タバコを吸わない方が健康にいられる可能性が高いことで明らかです。

タバコのパッケージに「喫煙はあなたの健康を損なう恐れがありますので吸い過ぎに注意しましょう。」 とただし書きがあることから普通に考えてもうなずけると思います。

健康はすぐに見た目では現れません。 しかし、タバコを吸いすぎることで抜け毛や薄毛が進行して若ハゲの原因になっているとしたら緊急事態です。

タバコの吸い過ぎは若ハゲの原因?

一概にタバコを吸いすぎるとはげると言い切れません。 その人の男性ホルモンの分泌量や生活習慣や食生活など色々な要素が存在して、 薄毛や抜け毛の症状が発生するからです。 さらに遺伝の要素や年齢的な要素も関係してきます。

しかし、乱れた食生活や、不規則な生活、 ストレスの度合いによってタバコの吸い過ぎが抜け毛や薄毛の要因になることは多いのです。 仕事関係で悩む現代人の抜け毛は、 ストレスとちょっとした生活の行動から引き起こされることも多いのです。

【PR】(外部リンク)
生活習慣や食生活の改善でも防げない抜け毛をケアするには、 きちんと理解しておきたいのが 薄毛(AGA)の治療薬 です。

ストレスと抜け毛と生活環境

ストレス社会の現代において仕事環境が悪化している人が増加する傾向にあるといわれています。 人手不足による仕事量の増加、経営不振による高ノルマの中の業務、 健康的な生活から程遠い生活を強いられてしまって抜け毛や薄毛の進行を加速させている事もその一つです。

さらにタバコの吸い過ぎや飲酒量の増加で、 若ハゲの進行や発生の可能性が飛躍的に高まってしまうのです。 キューティクルはシャンプーやリンスなど、 最近ではコマーシャルなどで頻繁に使われるようになったので聞いた事がある人がほとんどだと思います。

ストレス解消方法としてアルコールやタバコ

喫煙や飲酒によるストレス発散の方法は、薄毛や抜け毛を予防するのであれば、 あまりよい方法とは言えない可能性が高いです。

髪の大部分はたんぱく質で形成されています。 度を超した飲酒は肝臓を弱体化させて、タンパク質を生成しにくくしてしまいます。

さらに、タバコの吸い過ぎは血管を縮め、頭皮へ行くはずの栄養を阻害するのです。 薄毛防止に必要な成分であるビタミンCも、 タバコを吸うとどんどん壊れてしまうという悪循環にもなりやすいのです。

薄毛を予防するためには、多くの栄養成分をバランスよく摂取することが重要です。 一日一回でもきちんとした食事を心がけ、 ビタミン、ミネラル、たんぱく質などを積極的に体に取り入れることを考えることはとても大切です。

さらにストレスを上手に解消できる健康的な趣味を持ったりすることや 喫煙や飲酒の量を少しずつでも減らして見ることも重要なのです。

髪をおしゃれにしすぎない

髪の毛は人の第一印象を左右する重要な要素です。
しかし、気にしすぎるとどんどん頭皮や髪の毛に良くないことをしてしまいがちです。 脱色したり染めたり、 整髪料やヘアワックスでセットしたりとどんどん髪の毛や頭皮の負担は増すばかりです。

人間の髪のボリュームは20代後半から急速に減少していきます。 女性の場合の化粧をすることと髪の毛の手入れは同じ様なものだともいう人もいます。 女性の場合では化粧をしない状態のスッピンでは出歩くのができないという人もいます。

そういった、女性の化粧をする心理と同じで、髪型も気にしだすとキリがありません。 5年・10年後には色で悩むどころか、 毛がなくなってたり 髪型を選べない状況になってる事を考えたら怖くありませんか?

頭皮や髪の毛に不安を感じている人は、 あまり髪や頭皮に負担になることは止めた方がいいという結論に達します。 それは喫煙に関しても言える事です。

薄毛予防の生活習慣ですぐに実行できること

毎日の習慣を改めてチェックし直すことは、立派な薄毛対策です。

午後10時〜午前2時は新陳代謝が盛んに促され、 毛根の細胞の働きが盛んになります。 頭皮の中で新しい髪が作られ、古い細胞と置きかえられていく時間です。 薄毛対策のキーポイントは、この時間には既に布団の中に入り眠っていることです。

栄養バランスの取れた食事と、食事の時間を毎日一定にする。 湯船につかりリラックスして一日の疲れを取る・ 暴飲暴食、過度の飲酒・喫煙を避ける。などが身近にできる薄毛予防対策と言えるでしょう。

最近はストレス社会といわれるほどストレスを持つ人が多く存在しているようです。 ストレスは毛細血管を収縮させてしまい、髪に栄養が届かなくなってしまう大きな原因です。 喫煙する事によって毛細血管の流れが悪くなる事は有名です。

適度なストレスは人生においてのスパイスですが それ以外にも身近な習慣から頭皮や髪の毛の健康の為に改善する気持ちも忘れないようにしたいものです。

スポンサードリンク

このページのトップへ

Copyright(C) Since 2010 薄毛・若ハゲ予防と対策のために.com All rights reserved.
掲載記事、写真、イラストを含む、全てのコンテンツの複写、転載、公衆送信などを禁じます。